年初の寒波のなか、徹底した温度管理で元気に過ごしていたちぃちゃん

この1月25日でお迎えして満3年になるはずでした




月曜日に大雪が降り




火曜日にまさかのうっ滞になってしまいました(>_<)




横になることもできず、苦しいのか座ったまま。。。




あっちをむいたり、




すみっこの物陰に隠れたり。。。




一生懸命お耳や背中のツボマッサージをしたり、Tタッチしたり、お腹をカイロであたためても、

一時的に●が出て、楽そうになるのですが、また食べると苦しそうになる。。。

うっ滞といっても、食滞といわれるもので、おそらく気温の変化や加齢などによる腸の動きの低下であろう(お医者様がレントゲン画像と触診、症状などを総合して判断)胃拡張やガス、毛玉によるものではないとのこと

でも、大変時間がかかり心配で心配で私も娘もごはんが喉をとおりませんでした

●は少しは出るのですが、ごま粒ほどの不定形→歪んだ●→普通に近いもの

の繰り返し??

牧草が、ほとんど食べられなくなり、水を全く飲まない、
ただ野菜と
しとらせたペレット牧草はたべてくれていたので、●は僅かながらでていました

点滴後は半日よくなり半日後は、また悪夢のようにもとに戻る、

お腹はそれほど張っていず、歯は問題ない、尿検査など膀胱炎や結石もなし
ちぃちゃん、食べたそうなのにうっとして途中で食べれなくなり、
苦しいもしくは痛そう。。。(点滴の水分の補液と痛みどめを三日受けることに)
また家でお腹の動きをよくする飲み薬をのませました

水をのまないので、ジリンジでアクアコールをあげてもイヤイヤ

最後はタオルでくるんで強制給水かなあと、覚悟しましたが、
ふと先代うさぎか、同じ病気のとき大麦若葉100%の青汁を美味しそうに飲んだことを思いだし、

だめもとで器にいれておいたら、美味しそうにコクコクのんでびっくり!!!

おなかがキュルキュルなって、なんとその後からバクバク牧草をたべ、●も沢山出て、回復にむかいました

大麦若葉だめもとでやってみて良かった~…(>_<)!

ご飯に液状の乳酸菌をしみこませ、ぬるま湯とビープロン(プロポリス)でふやかしお団子にしたのも食べやすそうでした





ちぃちゃんも楽になって、ノビノビ!!




牧草もバリバリ食べてます!





回復に時間がかかりましたが、ちぃちゃん元気になりました!


元気になってくれて、ほんとうにありがとう、ちぃちゃん(ノд<。)゜。



関連記事
スポンサーサイト

寝すがた 七変化

1.17 ボランティア

comment iconコメント ( -2 )

ちぃちゃん・・・うったいでしんどかったんやね
うううう、うったいのときはあれやこれやと対処して、うんちに一喜一憂
しんどそーな感じでいるとマッサージやあたためなど、ほんとに心配でたまらないです
ママさんの機転でしんどいのを脱してほんとによかった
気圧やお天気、ちっょとしたことでも急に体調が悪くなったり・・・
ちぃちゃん、よくがんばったね、いい子いい子(なでなで)
ほっとしました

名前: レン [Edit] 2017-01-30 00:20

Re: タイトルなし

レンさん、有難うございます!!
ちぃちゃん、しんどかったでしょうが、よく頑張りました!

食べたいのに食べられず、気分が悪くて最後には怒って?ホリホリして、
あとすぐ疲れてグダ~となるちぃちゃん
初めて見ました。。。(T_T)

ほんとに、うんちに一喜一憂の一週間。。。
「よく食べよく出せること」は幸せでほんとうに嬉しいことです(*´Д`)

今回は換毛の時期に入っていて、
体力消耗しがちなのと寒さが重なっていたのかもしれません
この時期はうさぎさんは要注意と改めて思い知りました!

今は、毎日1日分の●の重さを測ってみて、お腹のバロメーターとして
参考にしています
ベストは27グラムです(*^^*)

名前: sora☆ [Edit] 2017-02-03 22:34

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。