昨日、阪神大震災から22年の神戸市の東遊園地で行われる追悼式典の準備のためのボランティアに初めて参加してきました(写真はありませんので別の写真ですみません(>_<))




希望の灯りの隣に震災で亡くなられた方たちのお名前が刻まれている地下の祈りの空間があります。

そちらの内部のお掃除と、竹でできたロウソク文字の設置のお手伝いをさせていただきました




たくさんの亡くなられた方たちのお名前の銘板も汚れを大切に拭き取り、石の床も皆で一生懸命に拭き掃除をしました

きれいにお掃除がおわった後に、責任者の方が、「人には二つの死があります。1つは肉体の死。もう1つは忘れ去られる…ということです。皆さん、どうか忘れないでいてください!」

沢山のお名前、その方の名前を付けたご両親がおられ、その名前と生きた唯一無二の人生があったのですよね…

外国の方の名前もあり、二世らしい日本名もあったり

突然断ち切られてしまった無念さ。。。

それまでの人生の時間。。。

色々なことを考えながら、一生懸命に磨きました。

そして、お名前をきれいにしているうちに心の曇りを取り除いて頂いた気がしました

一生懸命生きていた方たちひとりひとりのお名前に

有難うございました有難うございました決して忘れませんからと語りかけていました


もうすぐ、22年目のあの時間がきます

あの日を忘れず





ちぃちゃんや娘や友達と今、同じ時間を生きていけるチャンスを与えてもらっていることに感謝感謝

今ここにある時間と体と心をぼんやりしていないで、大切なことに使わなければ…!





東遊園地でのボランティアもすくなくなってきたと聞きましたが、

参加することで、教えていただくことがたくさんありました。










そして、今、東日本、熊本、鳥取。。。さまざまな地震、事故、理不尽さと闘っているみんなにも

希望の灯りがともりますように!
スポンサーサイト

まさかの…うっ滞

初日の出

comment iconコメント ( -1 )

寒い中、ボランティアに参加してくださったのですね
震災のこと、地震のこと、忘れてはいけない。。。

名前: レン [Edit] 2017-01-30 00:24

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。